株式会社 荒川設備

創業 昭和44年1月
会社の所在地 北海道登別市栄町3丁目18番地5
代表取締役 荒川昌伸
資本金 2000万円
電話番号 0143-86-7138
FAX 0143-86-4118

**********
会社沿革

昭和44年1月 初代社長 荒川哲二が家業の農業から心機一転、家を飛び出し、室蘭の水道工務店で見習を行いスピード独立。頑固一徹の男として当社の基礎を築きました。

その後、水道工事指定店として官庁工事や民間の住宅設備工事を積極的に行うなかで昭和59年に初代荒川哲二が本州で就職していた荒川昌伸を呼び戻し、親子 で仕事を開始しました。呼び戻しのきっかけになった言葉は「体の調子が悪いので帰ってこないか」でした。故郷へ7年ぶりに帰ってみると具合が悪いのは方便 でした(やられた〜)。

その後、平成元年荒川昌伸が2代目社長に就任しました。

平成2年10月、荒川初代が考案した、湯水落としバルブが「2次給水の排水装置」として特許庁に実用新案登録され登別周辺の住宅工事などでかなり設置しました。

平成6年、有限会社から株式会社へ組織変更。

平成9年、環境事業部を設け、水処理メーカー潟Rスモスの代理店、プール水処理の状活水器メーカー潟Cソザキさんの代理店、潟RンタクトのLOA事業の代理店など新分野に進出し、念願の自然や環境問題に関わる仕事を始めました。

現在の地球環境は見過ごせません。なんとかしたいという思いで日々活動しています。そして、地域、日本だけでなく地球の環境を足元から改善し、さらに、みなさんが困ったことへの問題の解決策を提案、改善、普及などの活動をさらに積極的に推進していきますのでよろしく!!。


**********


このサイトはフレームで構成されています。
直接このページをご覧になった場合、http://www.kankyo-tantei.com/からご入場ください。

 © Copyright 2003-2004 (株)荒川設備 All Rights Reserved.
このホームページは企業組合アシストが企画・制作を行なっています